AirMacExtremeを買いました!

2009年9月17日 

5年ほど前に購入した無線LANの親機であるバッファローのAirStationWLA2-G54Cの接続が時々途切れるようになりました。

f:id:Raul7:20090917201259j:image

AirStationの電源を入れ直すと症状は改善するのですが、とうとう面倒くさくなり、新たに無線LANの親機の購入を検討していました。

最初に頭に浮かんだのはAppleのTimeCapsuleです。

f:id:Raul7:20090917202456p:image

内蔵のハードディスクは耐久性のあるサーバー用のハードディスクを使用していることもあり、同時デュアルバンド対応の802.11nとハードディスク1TBで30,800円は魅力的な価格です。またプリンタや他のハードディスクもUSBハブで連結できます。

ただバックアップ用のハードディスクは何個かあるため、無線LAN親機を購入するのにハードディスク付きを購入する必要性はあるのか?妻から「またよけいな物を買って…」と怒られそうなので、必要な機能を整理してみました。

まず通信する機器ですが、

  • iPhone
  • iPod touch
  • MacBook
  • Vaioノート
  • デジタルフォトフレーム VGF-CP1
  • Will

になります。あとやりたいことは

  • 同時デュアルバンド対応の802.11n(高速で通信できること)
  • TimeMachineでのバックアップ
  • ハードディスクとプリンタの共有

これぐらいかと思います。

価格的に一番安いのは、これまたAppleのAirMacExpressです。

f:id:Raul7:20090917204123p:image

しかしAirMacExpressは同時デュアルバンド対応ではなく、共有できるのはプリンタのみでハードディスクは接続できないようなので候補から消えました。

f:id:Raul7:20090917205129j:image:left

ということでバッファローのWZR-HP-G300NHも候補になりました。

でもデザイン的に嫌だったので、AppleのAirMacExtremeを購入することにしました。

f:id:Raul7:20090917201257j:image

梱包はiPhoneやMacBookと同じようにコンパクトな箱でした。

f:id:Raul7:20090918001201j:image

早速接続作業をおこないました。電源供給ありのUSBハブに2.5インチハードディスクを2台接続しました。1台はTimeMachineでのバックアップ用(左)、もう1台はWindows機とMacBookとのファイル共有用(中央)に使用しています。

f:id:Raul7:20090917201254j:image

またプリンタのUSB端子は2つあるため、そのひとつをAirMacExtremeに接続しているUSBハブへ。

f:id:Raul7:20090917201248j:image

そしてAirMacユーティリティをインストールして設定をすると簡単に認識、接続できました。これはプリンタ設定の画面です。テストページを無事、印刷できました。

f:id:Raul7:20090917201244j:image

次はハードディスクですが、これも2台とも認識されています。

f:id:Raul7:20090917201242j:image

Windows機でエクスプローラーを開いてみると、2台のハードディスクがネットワークドライブとして割り当てされています。すでのあるネットワークドライブのドライブ文字(Zドライブとかの英文字)もお構いなしに上書き設定されているみたいで、従来のネットワークドライブが消えていました。

そこで[コントロールパネル]→[管理ツール]→[コンピューターの管理]→[ディスク管理]で再度ドライブ文字を設定しました。

f:id:Raul7:20090917211245j:image:left現在多くのデータはセンチュリーのドライブドア テラボックスにつないでいるハードディスク4台(合計3TB)ですが、これも今後はつないでみようと思っています。

次にMacBookを設定しました。

f:id:Raul7:20090917234719p:image

同じようにAirMacユーティリティをインストールして設定をすると簡単に認識、接続できました。

f:id:Raul7:20090917234714p:image

TimeMachineでのバックアップ用として設定。

f:id:Raul7:20090917234707p:image

バックアップが始まりました。

さて肝心の無線通信ですが、当然接続は安定しており、途切れることはなくなりました。

さっそくiPhone3GSにてスピードテストを行ってみました。

f:id:Raul7:20090917214940j:image:left使用したアプリはその名もSpeedTestです。

f:id:Raul7:20090917215052p:image

AirMacExtremの近くで測定しました。DownloadもUploadもそこそこの速度が出ています。

f:id:Raul7:20090917215045p:image

寝室に行って再度測定してみました。コンクリートの壁がありますが、テレビやパソコンなどの電磁波の干渉がなくなったのか、ここではDownload速度が上がりました。

ちなみに有線ではDownloadは27MくらいでUploadは10Mくらいです。

次はMacBookのスピードテストです。

f:id:Raul7:20090917235700p:image

iPnoeと同じSPEEDTEST.NETを使用しました。

f:id:Raul7:20090917235659p:image

これまたそこそこの速度が出ているので満足です。

通信機器の

  • デジタルフォトフレーム VGF-CP1
  • Will

この2つはまだ以前のバッファローAirStationWLA2-G54Cで接続しています。設定はまた今度に。

やっと快適な通信環境に戻りました。よかったよかった。

Apple AirMac Extremeベースステーション MB763J/A

Apple AirMac Extremeベースステーション MB763J/A

Apple Time Capsule 1TB MB765J/A

Apple Time Capsule 1TB MB765J/A

BUFFALO Air Station NFINITI HighPower Giga 11n/g/b対応 無線LANアクセスポイント WZR-HP-G300NH

BUFFALO Air Station NFINITI HighPower Giga 11n/g/b対応 無線LANアクセスポイント WZR-HP-G300NH


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【関連記事】
Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function similar_posts() in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/wordpress/wp-content/themes/pinbin/single.php:49 Stack trace: #0 /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/wordpress/wp-includes/template-loader.php(74): include() #1 /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/wordpress/wp-blog-header.php(19): require_once('/export/sd08/ww...') #2 /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/index.php(17): require('/export/sd08/ww...') #3 {main} thrown in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/wordpress/wp-content/themes/pinbin/single.php on line 49