iPhoto’09は顔認識機能で個人管理できるのがいいですね

2009年8月19日 

f:id:Raul7:20090817000951j:image:leftMacBookを購入してから、iPhoto’09で写真を管理するようになりました。その一番の理由が今、はやりの顔認識機能を利用して、複数の人の顔が写っている写真もそれぞれ顔ごとに名前タグをつけることができ、いつでも特定の人の写真を選択できることにあります。

f:id:Raul7:20090819064130j:image

通常は写真を取り込むとそのフォルダ名がイベント名になり、必要ならイベント名を変更することも可能です。遊びに出かけた時は、その場所をイベント名として日付+イベント名で、日常を撮影した場合は日付のみで登録しています。同じ日付で違うイベントがあった場合は、取り込んだあとに「ここから分割」でイベントを分けることも可能です。

f:id:Raul7:20090819065940j:image

iPhoto09に写真を取り込む前に、iPhoneやデジカメから写真をパソコンに取り込み、「ExifFileOpe」というフリーソフト(iPhnoeの写真はなぜかエラーになる…)でファイル名を撮影日+撮影時間に一括変更します。日付スタンプというフリーソフトはiPhoneの写真も対応しています。

f:id:Raul7:20090819174048p:image:leftデジカメ撮影の場合は、GPSロガー(PhotoMate887 Bluetooth GPSロガー)と同期させ、GPS情報を書き込みます。あとは「GnThumbs」というフリーソフトを使用し、タイムスタンプを撮影日+撮影時間に一括変更しながら撮影日ごとのフォルダ作成してフォルダに移動させるまで自動でやってくれます。

このようにGPS情報を登録しておくと、上図のようにiPhoto’09に取り込んだらGPS情報で地図が表示されるようになり、写真検索をする時に都道府県など場所で選んだりすることも可能になります。

f:id:Raul7:20090819202729j:image

名前をつけるボタンを押すと自動的に顔認識した場所に四角の枠ができ、そこに名前を入力します。名前を入力することで個人ごとにタグ付けが完了します。

f:id:Raul7:20090819202154j:image

横向きや後ろ姿など自動で顔認識しない時は手動で四角の枠を作成し、名前を付けることができます。

f:id:Raul7:20090819064131j:image

名前をつけるとコルクボードに名前つき写真が表示されます。

f:id:Raul7:20090819064135j:image

写真をクリックすると、その名前をつけた写真を見ることができます。

f:id:Raul7:20090819065939j:image

取り込んだ写真を使用してフォトブックを作成することもできます。いろんなテーマがあり、あとから何度でもテーマを変更することも可能です。

f:id:Raul7:20090819064138j:image

1ページに何枚写真を表示するのかなどのレイアウトを設定します。オートフローボタンで自動的に写真が配置されます。いつもオートフローをしてから微調整をしています。

上の写真は最近作成したフォトブックです。2008年~2009年前半の行事などをまとめたものです。日付とタイトルやちょっとしたコメントを入れると、ぐっと感じのいいフォトブックになります。ちなみに上の写真は誕生日の時です。

f:id:Raul7:20090819064136j:image

これは長女の保育園での卒園式の写真です。今と比べると幼い感じです。ここで作成したフォトブックをネット注文すると、製本されて郵送されてきます。自分の編集した写真がハードカバーの本になるのは感動的です。

f:id:Raul7:20090819065938j:image

Macを使用している人にはこのようなマークはたまりません。

f:id:Raul7:20090819073041j:image

私はフォトブックを注文せずに、フォトブックデータをPDFファイル書き出しをしてからWindowsパソコンで両面印刷をし、製本機とじ太くんで製本します。いつも使用している用紙はコクヨの両面印刷A4100枚KJ-A1815です。

f:id:Raul7:20090819073040j:image

A4サイズの専用製本カバーを用意します。

f:id:Raul7:20090819073039j:image

これを半分に切断します。これでA5サイズになりました。

f:id:Raul7:20090819195951j:image

これにA5サイズで両面印刷したフォトブックの写真を挟む込みます。

f:id:Raul7:20090819195950j:image

製本カバーに写真を挟んだら、とじ太くんに電源を入れて40秒たつと、「ピー」という準備OKの合図がなりますので製本します。

さらに40秒たつと再度「ピー」と完了の合図がなり完成です。

f:id:Raul7:20090819200427j:image

表紙は透明のカバーになります。

f:id:Raul7:20090819195949j:image

立派なフォトブックが完成しました。いつも2冊作成し、ひとつは両親に送っています。ひとつの本になっているので、手軽にこどもたちも楽しんで観ています。

iLife '09

iLife ’09

とじ太くん 卓上製本機とじ太くん 3000型 3000

とじ太くん 卓上製本機とじ太くん 3000型 3000


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【関連記事】
Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function similar_posts() in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/wordpress/wp-content/themes/pinbin/single.php:49 Stack trace: #0 /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/wordpress/wp-includes/template-loader.php(74): include() #1 /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/wordpress/wp-blog-header.php(19): require_once('/export/sd08/ww...') #2 /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/index.php(17): require('/export/sd08/ww...') #3 {main} thrown in /export/sd08/www/jp/r/e/gmoserver/8/1/sd0105681/iphone-life-blog.com/wordpress/wp-content/themes/pinbin/single.php on line 49